お金を借りることはお金を増やすことにつながる

お金を借りることに対してアレルギー症状みたいな感情を抱いている人が多いですね。

でもアレルギー症状を抱く前に、多くの企業がお金を借りることにより企業を成長させ多くの利益を上げるようになっている現実を見てください。

別に企業に限らないのですが、キャッシュが手元にあるということは事業を成功させるのに必要不可欠な条件なんです。でも誰でも事業開始時ら多くのキャッシュが手元にあるわけではないですよね。

企業の駆け出しの時にキャッシュが手元にないのはある意味当然です。
でもキャッシュがなければインフラも整備出来ませんし、事業を展開することも困難です。

そこに融資によるお金が入ればインフラも整備出来ますし事業を展開することも可能になりますよね。
大切なことは借金であろうが貯蓄したものであろうがキャッシュはキャッシュだという点です。

重要なことは手元に現金があるかという事実一点なんですね。
これは極論ですが無限のお金があれば100パーセント事業って成功するんです。

失敗しても失敗しても現金を突っ込めばどこかで成功するのは間違いないですからね。
でも限られた資金で勝負しないといけない現実があります。

とすると出来る限り多くのキャッシュを手元に集めておくことは事業を成功させる上で必要不可欠なことなんですね。

お金を借りることにアレルギー反応を抱いている人は勿体ないですよね。お金を増やす機会を狭めているのですから。なのでお金を借りることに対する嫌悪感を捨てたほうが良いですよ。

お金を借りることはお金を増やすことにつながるのですから。
ただお金を貸す業者でも良い業者から悪い業者まで多岐にわたります。

出来る限り良い業者でお金を借りるのが鉄則ですね。そういう意味でもある程度名の売れた金融会社から融資を受けるのが一番です。

成功するために、夢を実現するために借金に対するダークなイメージは捨ててしまいましょう。

 

コンビニは儲かるのか!?

最近街を車で走っていると以前はコンビニがあった場所が、その建物をそのまま使って薬局になっていたり、どこぞの会社の倉庫になっていたり、そのままずっと放置になっていたり…とにかくコンビニの残骸を見掛けることが増えました。

こんな背景をよそにコンビニはどんどん増えています。
さっきセブンイレブンがあったのにここにローソン必要!?
なんて光景が今や東京や大阪の都市部だけでなく、地方都市にも多く見られるようになりました。

コンビニって儲かるの!?

と誰もが思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、最初にも言った通りコンビニの残骸が数多く存在するのも事実なのです。

コンビニはなぜ潰れてしまうのか?

それは、多額のロイヤリティをFC(フォランチャイズ)本部に持っていかれてしまうからだそうです。コンビニオーナーは300万円ほど出せば誰でもなることが出来ますし、店頭に置く商品やの流通などすべて本部が行ってくれます。全て本部が用意してくれるから楽だと思ってしまいますが、実はそこが儲からない秘密でもあります。

値段も販売する商品も全てが本部仕切りなので、オーナーとはいえ言うことを聞くしかないそうです。コンビニオーナーは現代の奴隷とまで言われているのをご存知でしょうか?

また、FCに加盟するのは簡単のようですが、脱退するのはかなり大変のようです。契約期間が10~15年と言われており、満了前に脱退すると違約金が1000万円などとも言われています。

しかも、コンビニと言えば24時間365日営業ですからオーナーは常にお店の事を考えておかなければならず、心身共に奴隷と言ってもいいかと思います。

やはり、これだけコンビニが乱立していると本当に設けるコンビニ店を作るのは難しいと思います。

コンビニは儲かるのか!?
…相当の立地条件を確保しない限り難しいと言えるのではないでしょうか。

「ワールドカップ」の知的財産の話

いよいよブラジルで開催されるワールドカップが迫ってきましたね。

今日はそんなワールドカップにまつわるマネー論を書いてみようと思います。

あまり知られていないことかもしれませんが、
ワールドカップにはその「ワールドカップ」という文字自体に知的財産として商標登録しているんです。

つまり、もしも私がここで「ワールドカップ」の文言を用いて商売をした場合、それは知的財産の侵害となってしまう訳です。

通常、ロゴなどの知的財産なら分かるのですが、言葉自体にもそういうものを設けるとはさすがというか…ちょっとセコいとも思ってしまいます。

しかも、完全なる造語ならまだ理解出来るのですが、
「ワールド」と「カップ」という組み合わせで、どちらも日常で使う言葉ですからね。
これを知的財産にしようと思う発想は逆に見習うところがありますね。

ワールドカップというとサッカーを通して世界的な交流をするような、オリンピックと同じような印象を抱く方も多いかもしれませんが、ワールドカップという文言自体を禁止している訳ですから、運営するFIFAにはそんな気持ちはさらさらないということも分かりますよね。

あくまでお金儲けの手段に過ぎないのかもしれません。

しかし、サッカーをやる者にとって最高峰の舞台であることは間違いありません。
これだけ金儲けに走っているにも関わらず、最高峰の権威を付加出来ているあたりが本当にすごいなと思います。

私が思うに、最初はお金儲けという感じではなかったはずです。
オリンピックのように国際交流がメインだったはず…。

しかし、いつしか世界的に注目されるようになり、
お金儲けに走った人間がトップを牛耳ったのでしょう。

じゃなかったら「ワールドカップ」という言葉自体を知的財産などと言いませんよね。

ま、我々一般人はそんな難しいことは置いておいて、
純粋にサッカーを楽しむこととしましょう。

闇金を利用してはいけない理由

世の中には闇金という裏の金融サービスがあります。

総量規制によって一般の消費者金融からお金が借りにくくなった昨今、闇金の利用者が増えているというのも事実です。

結果的に総量規制は社会にとって良かったのか…と考えてしまうところなのですが、どんな業界にせよ、こういった社会の隙間を狙った商売というものはそれが合法であるにせよ、違法であるにせよ存在します。

そんな闇金ですが、使い方によっては便利なんじゃないか?
と思う人もいるかもしれませんね?

例えば、数か月後にまとまったお金が入ってくる予定があったとしましょう。
しかし、それまでの間にお金がなく、信用がない為に消費者金融からもお金を借りれないとします。

そういった時は多少金利が高くても、
返すあてがある訳ですから闇金から借りても問題ないだろう…と考えるかもしれません。

確かに、お金を期限までにキッチリ返済すれば大きな問題にはなりませんが、もしそれが返せなかった場合とても悲惨なことになってしまいます。

数か月後の予定というのはあくまで予定であって確定ではありません。
世の中に絶対はないと思った方が賢明です。

そして、仮に期限までに返済したとしても、大きな問題にはならないものの闇金からお金を借りたという証拠としてリストが残ってしまいます。闇金に個人情報を握られているというのはあまり良い気分ではないと思います。

とにかくお金を闇金から借りるのだけはお勧め出来ません。

しかし、本当にどうしようもなく借りてしまう場合もあるかもしれません。

そんな時の為に覚えておいて欲しいのが闇金相談をする法律事務所があるということです。

ここに相談すれば闇金からお金を借りたとしても助かる場合があります。
ですが、こういうところがあるからと言って安心せず、
闇金からお金を借りることは絶対に避けるようにして下さい。