ニッチ産業は儲かる

ニッチ産業は儲かる…これは昔から言われていることですが、今の時代もニッチ産業は儲かるのでしょうか。実は、ニッチ産業は今も昔も変わらずに儲かります。

そもそもニッチとは隙間という意味であり、直訳すると隙間産業ということです。
時代によってその隙間は変わってきますから、ニッチ産業といえどその需要は時代によって変わるということになります。昔は儲かったニッチ産業も今では儲からないでしょうし、昔はニッチというものすら存在しなかった産業が今では存在しているということになります。

ところで現代のニッチ産業とはどんなものがあるのでしょうか。
現代のニッチ産業というと、例えばアマゾンの代行引き取り産業です。
検索ワードなんかで「アマゾン バレない」なんてワードが出てくる通り、自宅に送られて来るアマゾンを誰にもバレずに受け取りたいという人がいるのです。

今もありますが、私設私書箱なんかがそういうものにあたりますね。
しかし私設私書箱が無い場合はどうすればよいでしょうか?

…それこそがニッチ産業なのです。

【こんなのがあったらいいのになぁ…】

そう思う全てのものがニッチ産業と言えると思います。
ニッチというだけあって非常にコアな重要ではありますが、必ずそういう需要はあります。
あなたも日常にある隙間をお金に変えてみませんか?
ニッチ産業を自分で見付けるというのも面白いと思います。

今も昔もニッチ産業が存在するという意味がお分かり頂けましたでしょうか。
これがニッチ産業というものです。