お金との距離感を図る

会社に勤めてお金を得る、それだけでは心もとない時代になってきました。
自分で仕事を考えて自分でお金を稼ぐ時代、そういう時代になってきたのかもしれません。
こういう時代になると「なんでお金稼ぐのにそんなに必死になっちゃってるの?」なんて考えをする人は、お金で困ったことがないのでしょう。
確かにお金にとらわれすぎはよくないのですが、お金を嫌いすぎてもいけないのです。

いいですか、日本は大まかにいえば資本主義の国なんです。
ありがたいことに社会福祉がそれなりにありますので、お金がない人が明日食べるのにも苦労するという状況に陥ることは少ないのです。
ですが、日本で暮らしていく以上、お金は必要不可欠なんです。そのことはご理解ください。
お金はいくらあっても困るものではありません。
確かにお金を使わないでもできる娯楽はたくさんありますが、別にそういった娯楽はお金をたくさん持っていたって楽しめるんです。

そして、何よりもお金があれば自由な時間が増えるんです。
生活していくだけのお金があれば、生活のことを考えないでもいい時間が増え、自由な時間が増えます。
タイムイズマネーとはよくいったもので、時間が増える、その一点だけでお金を持つ意味があるのです。

お金を必要以上に嫌わず、そして必要以上に依存することのない人になりたいものです。