カテゴリー別アーカイブ: 金融

お金との距離感を図る

会社に勤めてお金を得る、それだけでは心もとない時代になってきました。
自分で仕事を考えて自分でお金を稼ぐ時代、そういう時代になってきたのかもしれません。
こういう時代になると「なんでお金稼ぐのにそんなに必死になっちゃってるの?」なんて考えをする人は、お金で困ったことがないのでしょう。
確かにお金にとらわれすぎはよくないのですが、お金を嫌いすぎてもいけないのです。

いいですか、日本は大まかにいえば資本主義の国なんです。
ありがたいことに社会福祉がそれなりにありますので、お金がない人が明日食べるのにも苦労するという状況に陥ることは少ないのです。
ですが、日本で暮らしていく以上、お金は必要不可欠なんです。そのことはご理解ください。
お金はいくらあっても困るものではありません。
確かにお金を使わないでもできる娯楽はたくさんありますが、別にそういった娯楽はお金をたくさん持っていたって楽しめるんです。

そして、何よりもお金があれば自由な時間が増えるんです。
生活していくだけのお金があれば、生活のことを考えないでもいい時間が増え、自由な時間が増えます。
タイムイズマネーとはよくいったもので、時間が増える、その一点だけでお金を持つ意味があるのです。

お金を必要以上に嫌わず、そして必要以上に依存することのない人になりたいものです。

銀行カードローンに無利息期間はある?

皆さん、いきなりですけどお金がない時ってありませんか?
当然誰にだってある経験だと思うんですけど、そういう場合はどうしていますか?
誰か知り合いに借りるという選択肢はあると思いますが、それって信用を失いかねませんよね。

なのでそういう時に役に立つのが銀行や消費者金融のカードローンです。
急な出費があってもカードローンを利用することですぐにお金を借りることができます。

カードローンというとあまりいいイメージを持っていない方も多いかもしれませんが、今はとてもクリーンなものになっています。
法外な金利や取り立てなどは当然ありませんし、女性の方が利用しやすいようにレディースキャッシングという女性専用のカードローンもあるくらいなのです。

そのカードローンを調べてみるとたくさんの銀行や消費者金融がでてきますよね。
消費者金融ならアコムやプロミス、アイフル、銀行なら三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行等、色んな所でカードローンを利用することができます。
そこで注目していただきたいのがプロミスとアコムの30日間無利息キャッシングというサービスです。
これはその名の通り30日間は利息がかからないので30日以内に給料日があればそれで返済できる、なんていう方にはぴったりのサービスなのです。

では銀行にも同じようなサービスがあるのでしょうか?
実は銀行にはこういったサービスはありません、その代わりに通常の消費者金融よりも金利が低く設定されていることが多いのです。

つまり消費者金融は金利が銀行よりも高い分独自のサービスを行い差別化を図っているのです。

銀行と消費者金融は一概にどちらがいい!とは言えないので、こちらのサイトを見て自分に合ったカードローンを選んでみてください!
とても分かりやすいサイトなので是非参考にご覧になってみてくださいね!

消費者金融の強みは?

キャッシングはお金がない時にとても便利なサービスです。
一昔前はお金を借りるというと銀行からの融資が主な方法でした。しかし今では銀行以外でもお金を借りられるようになり、私達としては選択肢の幅が広がりましたね。
もちろん今でも銀行はキャッシングは信頼がありとても人気ですが、今では消費者金融も借入先としてメジャーなものになりましたね。
消費者金融といえば少し前はサラ金と呼ばれていました。
サラ金というと未だに世間のイメージは決していいものとは言えませんが、現在では厳しい貸金業法を守らなければならないので安心、安全に利用ができますよ!

では銀行と比べて消費者金融はどういった強みがあるのでしょうか?
一般的に消費者金融のキャッシングは銀行よりも金利が高いです。とは言っても金利の上限も法律で決められているので銀行に比べてかなり高いというわけではありません。一例をあげると三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年4.6%~年14.6%で、消費者金融のプロミスは年4.5%~年17.8%となっています。

このようにわずかに銀行の方が金利が低いですが、その分消費者金融は銀行にないサービスを行っている所が多くあります。

例えば30日間の無利息キャッシングです。
これは全ての消費者金融で行っているサービスではありませんが、プロミス、アコム、レイクといった大手の消費者金融が行っているサービスです。

これは読んで字のごとく、30日間は利息が全くかからないのです。なので今現在はお金はないけど、すぐに返せるあてがあるという方にかなりオススメです!

このように消費者金融によって特徴が異なるのでひとつひとつ自分に合った消費者金融を選ぶと吉ですよ!
こちらのサイトは多くの消費者金融が紹介されているサイトです。
ひとつひとつ細かくスペックが載っているので初心者の方にもとてもオススメですよ!是非ご覧になってみてくださいね!

お金を借りたい人のためのキャッシングの条件とは

お金を借りたい人にとってキャッシングを利用するということは一つの大きな選択肢だと思います。

こちらのサイトをご覧になってみて下さい。

金融庁

しかし、キャッシングがお金が無ければ誰でも借りれるという訳ではありませんよね。
キャッシングを利用するにはそれなりの条件というものが必要になってきます。

キャッシング利用に必要な条件とは…

・20歳以上である(上限もあるが業者によって年齢が違う場合がある)
・定期的な収入がある

この2つの条件を満たしていないとキャッシングを利用することが出来ません。

しかし、この条件を満たしていてもキャッシングを利用出来ない場合があります。
それは、キャッシングの審査に落ちてしまうということです。

キャッシングの審査とは、勤務先や勤続年数、お住まいの形態や居住年数、固定電話を持っているか、他社からの借入はないか、これまでに金融事故などを起こしていないかなどなど…色々な審査項目がありそれらでキャッシングが利用出来る人かどうかを判断されます。

そして、その判断で問題なしとなった場合だけキャッシングを利用することが出来るのです。

これからキャッシングを利用してみようと思われていた方は是非参考にしてみて下さい。
ちょっと自分は審査に落ちてしまうかも…という人でも、そういう場合は利用限度額などで調整される場合があるので申込みくらいはされてみても良いと思いますよ。

家族に内緒でキャッシングを利用したい方へ

家族と一緒に住んでいるのでキャッシングのご利用が出来ない方は多いんです。
一人暮らしの頃は何でも自由にやれたのに、今では色々と家族の目が気になって今すぐお金を借りることは勿論、欲しいものを通販で買うというのも出来なくなってしまいますよね。

それはなぜかと言えば、買ったものや利用したという形跡が自宅へ郵送物として送られてくるからではないでしょうか?

つまり、この自宅に送られてくる郵送物を無くせば昔のように自由にキャッシングしたり、通販が出来たりするとは思いませんか?

例えば、通販で買い物をしたものを自宅に送らせないようにするには、友人に荷物を引き取ってもらうか私書箱などを借りてそこに送ってもらうかなどの方法があります。

しかし、キャッシングの利用で送られてくる郵送物は友人や私書箱に送るという訳にはいきませんよね。

そこでどうするか!?

その方法は、キャッシング会社から自宅に送られる輸送物を無くしてしまえばいいんです!

キャッシング会社から送られてくるものは契約時に送られてくる契約カードと、利用時に送られてくる利用明細です。

契約カードはネットでお申し込み後、自動契約機にてカードを受け取れば自宅に送られてくることはありません。

次に利用明細については銀行振込ではなく、ATMなどを利用しキャッシングすることでその場で利用明細を受け取ることが出来自宅に送られることが無くなります。

これで郵送物を無しにすることが出来るので、
家族に内緒でキャッシングを利用することが出来るということになります。

実はこの方法、かなりの人が使っている方法なので本当に使えると思いますよ!

楽をして稼ごうではなく、楽をするために稼ぐ

よく楽をしてお金を稼ぎたいなと言う人がいます。
こんなことを書いている私もそのうちの一人だったりするのですが…。
なので今回の記事は自分への戒めでもある訳です。

世の中、楽をして稼ごうと思っていてもなかなか稼げるものではありません。
お金を稼ぐというのはすごく大変なことです。

もともとお金持ちの生まれだという人は感覚が少し違うのかもしれませんが、お金というのはなかなか自分のところに来てくれませんし留まってもくれません。
これを来てくれるように、そして留まってくれるようにするにはどうするか…その方法はやっぱり頑張るしかないんです。お金を稼ぐために。

そして、頑張ってお金を稼いだ結果楽をすることが出来るのだと思います。
よく、お金は寂しがりやでお金のあるところにお金は集まってくるなんて言いますけど、本当にその通りだと思います。まずは、一定のお金が集まってくるまではひたすら頑張るしかないのだと思います。お金が集まってきて、留まるようになってから楽が出来てくるのではないでしょうか。最初から楽をしてお金を稼ぐなんて宝くじが当たるとか以外は絶対に出来ないと思います。

楽をするという基準も人によって違うと思いますし、お金が留まるというのも人によってどの程度のお金が必要なのか違うと思います。その基準さえ明確になっているのであればあとはひたすら頑張るだけですよね。頑張らなければお金は集まってきません。

タイトルと同じ言葉になってしまいますが、
「楽をして稼ごうではなく、楽をするために稼ぐ」
なんです。将来楽をするために今を一生懸命頑張りましょう。

誰でも出来れば将来は楽をしたいですからね。

転職が優遇される時代

これまでの日本は一つの仕事を長く続けることが美学とされ、終身雇用が保障されていた時代はそれで給料の上がり十分に生活することが出来ました。

しかし、今はそういう時代ではなくなりました。

現代社会においては色々な経験を積んだ人材の方が優遇されるようになってきています。

その理由は、会社自体が終身雇用を保障出来なくなったからです。

大手企業においてもリストラが進み、中小企業は倒産が後を絶ちません。

そんな中で長く続けている人材ほど人件費が高騰し、会社としてもコスト高になるということです。

仕事的にも若い人材と比べると物覚えが悪く新しいことは出来ませんし、体力も負けてしまうことでしょう。

このように、企業にとっても長く続ける人材というのは邪魔になってきているのが現代社会なのです。

だからと言って会社を常に変えていればいいかといえばそうではありません。

色々な経験があるとはいえ一つ一つの仕事が中途半端では全く意味がありません。。一つの仕事を最低でも3年以上続け、ある程度こなせるようになった仕事をいくつも経験しておくと良いということです。

また、いつまでも転職出来る訳ではありません。

20代のうちは簡単に転職出来るかもしれませんが、30代で難しくなり、40代ではまず容易にはいかないでしょう。

将来、お金を稼ぎ、且つ必要とされる人材になるにはいつまでも会社にすがっているだけでは難しいということです。自分に出来ること、そして自分の得意なことを見付け、出来れば30代になる頃には会社に必要とされる人材、または仕事を任される人材、もしくは自分の得意なこと、これなら社会で勝負出来るものを見付けておくことが重要と言えると思います。

教育ローンについて

ローンと聞いて、住宅ローンや自動車ローンとともにすぐに思い浮かぶのが、教育ローンというほど、個人の一生の中での大きな債務の1つです。
教育ローンは、銀行や信販会社などが個人を対象に行う、使途を教育関係経費に限定したローンのことで、学生さんの保護者が、入学金・学費などの支払いをするために利用するケースがその多くを占めます。
銀行や信販会社が提供する教育ローンのほかに、国が提供する教育ローン、学生本人が借入れ奨学金、学費以外の使途でもOKの消費者金融会社などが提供する学生ローンもあります。
ここでは、銀行などにより教育ローンと国が提供する教育ローンに関するあれこれをご紹介します。

金融機関による教育ローンの種類
【証書貸付型】
住宅ローンやマイカーローンと同様に、金融機関所定の金銭貸借契約書に融資額・返済方法などを定めて融資を受け、月々返済していく教育ローンです。
契約締結後の借入額や返済期間の変更は原則的には行えず、追加借入や返済期間の延長が必要な場合は、新たにローンを組み直す必要があります。
ただし追加借入などを申し込む場合、現在の教育ローンの残高が、審査する上での借入残高に含まれるため、審査が通らない可能性もあります。
また、繰上返済は、基本的には可能ですが、返済の見直しによる書類作成などに伴う事務手数料が発生するので、繰上返済をした場合としない場合を比較するなど、慎重に行うことが必要です。
また、在学期間の学費をすべてローンで賄うというように借入計画が当初から定まっている場合、すべての必要額を借入額として契約し、実際には毎年の学費納入時にその時の所要額を分割して借入れる「分割借入」という方法の契約もあります。
分割借入のメリットに、実際に借り入れていない部分の金額に対しては利息が発生しないこと、契約締結時に将来の学費についての融資が約束されていること――が挙げられます。
また、在学期間中は元金の返済を据え置き、毎月元金に対して発生する利息の支払いのみ行う「元金据置」という内容の契約もあります。
在学中は生活費など学費以外の支出も多いので、月々の返済額が減る分、楽になりますが、その間は元金が減らないため、据置しないで返済する場合と比べて利息は増えます。
そのほか、融資の対象となるお子さんが学校を卒業して社会人として収入を得るようになった場合には、そのローンの借受人をお子さんに移転して、お子さんが返済する「親子リレー返済」という内容の契約もあります。
【極度枠設定型】
取り扱う金融機関の審査に応じて証書貸付の極度枠を設定し、その極度枠の範囲内であれば、必要に応じて何度でも融資を受けられるというシステムの教育ローンです。
例えば、中央労働金庫の「パッケージプランRing」は、審査によっては証書貸付型融資との併用が可能で、極度枠をマイカーローンやフリーローンと共有できるサービスで、使い勝手がよいものとなっています。
【カードローン型】
カードローンとして契約し、入学金納付書などの使途証明書類を提出すれば、借入限度額内なら通常よりも低金利で借入れができる教育ローンです。
返済方法は、カードローンであることから残高スライドリボルビング返済方式で、据置はできません。
【当座貸越・証書貸付併用型】
教育関係資金に使途を限定した当座預金口座を開設し、在学期間中は借入限度枠上限まで随時借入れできる教育ローンです。
在学期間中は元金据置で利息のみ払うだけでもよく、据置期間終了後に証書貸付型へ借り換えることも可能です。
【カードローン・証書貸付併用型】
当座貸越・証書貸付併用型の教育ローンをカードローン化したもので、在学期間中は借入限度枠の上限まで、何度でもATMで現金による借入れが行える教育ローンです。
なお、在学期間中は元金据置で、据置期間終了後に証書貸付へ組み直されるシステムです。

国の教育ローン
銀行や消費者金融などの教育ローン以外に、日本政策金融公庫が扱っている国の教育ローンもあります。
この国の教育ローンは、お子さんの人数に応じた世帯年収の上限額以内のご家庭で、お子さんがご融資の対象となる学校に通学される場合ならば、どなたでもご利用でき、日本学生支援機構の奨学金と併用も可能です。
基本的なご家庭の世帯年収の上限額は、お子さんが1人であれば790万円(事業取得者の場合590万円)、2人890万円(680万円)、3人990万円(770万円)、4人1,090万円(860万円)、5人1,190万円(960万円)――となっています。
融資限度額は、お子さん1人当たり350万円(海外留学の場合450万円)です。
つまり、お子さんが2人の場合、それぞれ350万円まで合計700万円の借入れが可能です。
銀行や消費者金融系の教育ローンの場合は、審査があるので多くの場合で一定以上の借入れは難しいと言えます。
その点、国の教育ローンは、お子さんごとに350万円借り入れることができるので、2人目・3人目のお子さんに対しては、メリットのある教育ローンです。

なお教育ローンなどで保証人が必要となった場合で保証人がいない場合には保証人不要のカードローンやキャッシングを利用するのも良いでしょう。ただし教育ローンよりは利息は高くなります。

金利が高い分、保証人や担保が不要というやつです。

お金を借りることはお金を増やすことにつながる

お金を借りることに対してアレルギー症状みたいな感情を抱いている人が多いですね。

でもアレルギー症状を抱く前に、多くの企業がお金を借りることにより企業を成長させ多くの利益を上げるようになっている現実を見てください。

別に企業に限らないのですが、キャッシュが手元にあるということは事業を成功させるのに必要不可欠な条件なんです。でも誰でも事業開始時ら多くのキャッシュが手元にあるわけではないですよね。

企業の駆け出しの時にキャッシュが手元にないのはある意味当然です。
でもキャッシュがなければインフラも整備出来ませんし、事業を展開することも困難です。

そこに融資によるお金が入ればインフラも整備出来ますし事業を展開することも可能になりますよね。
大切なことは借金であろうが貯蓄したものであろうがキャッシュはキャッシュだという点です。

重要なことは手元に現金があるかという事実一点なんですね。
これは極論ですが無限のお金があれば100パーセント事業って成功するんです。

失敗しても失敗しても現金を突っ込めばどこかで成功するのは間違いないですからね。
でも限られた資金で勝負しないといけない現実があります。

とすると出来る限り多くのキャッシュを手元に集めておくことは事業を成功させる上で必要不可欠なことなんですね。

お金を借りることにアレルギー反応を抱いている人は勿体ないですよね。お金を増やす機会を狭めているのですから。なのでお金を借りることに対する嫌悪感を捨てたほうが良いですよ。

お金を借りることはお金を増やすことにつながるのですから。
ただお金を貸す業者でも良い業者から悪い業者まで多岐にわたります。

出来る限り良い業者でお金を借りるのが鉄則ですね。そういう意味でもある程度名の売れた金融会社から融資を受けるのが一番です。

成功するために、夢を実現するために借金に対するダークなイメージは捨ててしまいましょう。

 

コンビニは儲かるのか!?

最近街を車で走っていると以前はコンビニがあった場所が、その建物をそのまま使って薬局になっていたり、どこぞの会社の倉庫になっていたり、そのままずっと放置になっていたり…とにかくコンビニの残骸を見掛けることが増えました。

こんな背景をよそにコンビニはどんどん増えています。
さっきセブンイレブンがあったのにここにローソン必要!?
なんて光景が今や東京や大阪の都市部だけでなく、地方都市にも多く見られるようになりました。

コンビニって儲かるの!?

と誰もが思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、最初にも言った通りコンビニの残骸が数多く存在するのも事実なのです。

コンビニはなぜ潰れてしまうのか?

それは、多額のロイヤリティをFC(フォランチャイズ)本部に持っていかれてしまうからだそうです。コンビニオーナーは300万円ほど出せば誰でもなることが出来ますし、店頭に置く商品やの流通などすべて本部が行ってくれます。全て本部が用意してくれるから楽だと思ってしまいますが、実はそこが儲からない秘密でもあります。

値段も販売する商品も全てが本部仕切りなので、オーナーとはいえ言うことを聞くしかないそうです。コンビニオーナーは現代の奴隷とまで言われているのをご存知でしょうか?

また、FCに加盟するのは簡単のようですが、脱退するのはかなり大変のようです。契約期間が10~15年と言われており、満了前に脱退すると違約金が1000万円などとも言われています。

しかも、コンビニと言えば24時間365日営業ですからオーナーは常にお店の事を考えておかなければならず、心身共に奴隷と言ってもいいかと思います。

やはり、これだけコンビニが乱立していると本当に設けるコンビニ店を作るのは難しいと思います。

コンビニは儲かるのか!?
…相当の立地条件を確保しない限り難しいと言えるのではないでしょうか。